yskinng のすべての投稿

「数の発明」/ケイレブ・エヴェレット

 数の発明
 ◎
 人類が生まれながらに識別できる数量は、「1」「2」「それ以上」程度のもので、3以上は文化的な伝承により後天的に身に着ける能力らしい。
 地球上のあまりにも多くの言語(話者は少ないが)において、数のとらえ方が様々である例を見せられると、「数学は宇宙の真理であるから、宇宙人との意思の疎通のきっかけにもなるだろう」等という考え方も、素朴な誤りに思えてくる。
 

「五日市憲法」/新井勝紘

 五日市憲法
 ◎
 大日本帝国憲法の発布前に、各地で私擬憲法の草案が作られた。その中に「五日市憲法」というものがあるとは聞いていた。
 よく普通に紹介されるので、発表当時から有名な草案なのかと思っていたら、著者が1968年に発見したのだという。割と新しい昭和の発見だったわけだ。
 著者がそこから研究に携わるようになった半生を振り返る良書。
 

「コミュニケーション・入門」/船津衛

 コミュニケーション・入門
 ○
 コミュニケーション学の入門書。今読むとインターネット老人としては懐かしい。
 ケータイとか「高度情報化社会」とかの陳腐化する実例より、第1章~第3章あたりが面白い。

  1. 人間のコミュニケーション
  2. 自我とコミュニケーション
  3. 人と人とのコミュニケーション

 

「リスクコミュニケーション」/西澤真理子

 リスクコミュニケーション
 ○
 求めていた内容とはずれていたが、冷静な議論で面白かった。
 問題は、冷静な議論が通じる平常時だけでは片手落ちだということか。
 「リスクコミュニケーション」「クライシスコミュニケーション」と分けて紹介されている。
 ちなみに、「リスコミ」という略称の多用が気になってしまった。
 

「弓と禅」/オイゲン・ヘリゲル

 弓と禅
 ◎
 1920年代に禅の研究のため来日し、禅へいたる道として弓道を修行したドイツ人哲学者の著。
 師の阿波研造は弓道の精神性を高め、禅に通ずるものとして教えていたらしい。技術的に的に当てるスポーツではないのだ、と。
 ヘリゲルは講演や自著によって、ヨーロッパへ初めて日本的な思想を紹介した人でもあるようだ。
 注や解説が充実しており、なじみのない弓道の「射法八節」の図解も載っている。
 

「異色中国短篇傑作大全」/宮城谷昌光(編)

 異色中国短篇傑作大全
 ◎
 日本人小説家による、中国を舞台にした短編集。かなり気に入った。このジャンルもっと読んでみたいな。
 特によかったのは、編者の宮城谷昌光による「指」のほか、

  • 曹操と曹丕/安西篤子
  • 茶王一代記/田中芳樹
  • 汗血馬を見た男/伴野朗
  • 西施と東施/中村隆資

など。
 

「ちいさい言語学者の冒険」/広瀬友紀

 ちいさい言語学者の冒険
 ◎
 最近ゆる言語学ラジオにはまっている。子供や外国人が言葉を学んでゆくときに出てくる「間違い」は、その言語の本質を突いていることが多いようだ。
 本書は、子育て中の言語学者が自身の子を観察した、幼児の言動が取り上げられている。微笑ましい。
 

「タリバン復権の真実」/中田考

 タリバン復権の真実
 ◎
 2021/8/15首都カブール陥落へと至った、タリバン雌伏の20年間・西欧とアフガニスタン傀儡政権の矛盾に満ちた20年間を読み解く。
 「民主主義」に対するとらえ方が、タリバンと西欧では隔たりがありすぎ、この点での歩み寄りはどちらにも期待できない。互いの主張を尊重して内政干渉せず、移動を望む者は拒まない、というあたりが落としどころか。