「タリバン復権の真実」/中田考

 タリバン復権の真実
 ◎
 2021/8/15首都カブール陥落へと至った、タリバン雌伏の20年間・西欧とアフガニスタン傀儡政権の矛盾に満ちた20年間を読み解く。
 「民主主義」に対するとらえ方が、タリバンと西欧では隔たりがありすぎ、この点での歩み寄りはどちらにも期待できない。互いの主張を尊重して内政干渉せず、移動を望む者は拒まない、というあたりが落としどころか。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください