「ちいさい言語学者の冒険」/広瀬友紀

 ちいさい言語学者の冒険
 ◎
 最近ゆる言語学ラジオにはまっている。子供や外国人が言葉を学んでゆくときに出てくる「間違い」は、その言語の本質を突いていることが多いようだ。
 本書は、子育て中の言語学者が自身の子を観察した、幼児の言動が取り上げられている。微笑ましい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください