月別アーカイブ: 2020年1月

「死に山」/ドニー・アイカー

 死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相
 ○
 「ディアトロフ峠事件」として知られている、ソ連時代のウラル山脈における遭難事件(初めて知ったけど…)の真相に迫るドキュメンタリー。
 ネタバレになるので詳しくは書かないが、「ある種の自然現象」が原因、との結論が提示される。しかし、その自然現象に対する耐性には個人差があるはずなのに、全員がそれで死亡した、というのは、最後の詰めに欠けるような気がする。
 とはいえ、その説以外には説得力のある結論はなさそうだ。
 語り口は平易で時系列も追いやすく、よくまとまっている。
 

「絶望の林業」/田中淳夫

 絶望の林業
 ◎
 日本の林業について、常識と思っていることが次々と覆される。

  • 国産の木材は他の建材より高い→原木の丸太一本はA材でも4000円程度、木材価格が建築価格を圧迫する度合いはかなり小さい
  • 皆伐をした後には苗木が植林される→3年程度で植林すれば補助金が出るがチェックはほぼない
  • 林業のために木材の輸出に必死→日本の木材は安いがゆえに輸出が伸びている。品質は関係ない。高い木材や製材品は買われない

 等々。