「謎のアジア納豆」/高野秀行

 謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―
 ◎
 タイ、ミャンマー、ブータン、ネパールなど、中国文化圏の周縁部では大豆を発酵させた「納豆」が日本同様に食されている。いや、日本以上に食されている、という。
 しかも、納豆を作り出す菌は、日本人の常識―「藁でなければできない」―ではなく、ほかの植物の葉でいくらでも作れるのだという。
 日本の風土においても、「アジア納豆」同様の作り方で、実際に納豆ができるらしい。じゃあ、工業化される前の、本来の日本の納豆はどう作っていたのか!? 興味は尽きない。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください