「サカナとヤクザ」/鈴木智彦

 サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う
 ◎
 著者はヤクザ物の雑誌記事を得意とする人らしい。そのへんは全く興味がないのだが。
 アワビ、ナマコ、カニ、ウナギ…漁業のダブルスタンダード、密漁といった業界の闇を丹念に体験取材して描かれている。日本の漁業において、どの魚種でも、暴力団の関与がないところなどなさそうに思えてくる。「暴力団」というくくり方もとらえ方の問題で、ボーダーラインは、構成員~荒っぽい漁師、といったグラデーションになっているんだろう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください