「辺境メシ」/高野秀行

 辺境メシ ヤバそうだから食べてみた
 ○
 世界各国を旅してきた著者による、ちょっと日本では食べられない料理の数々。
 「口噛み酒」の項では、その起源について著者の見解が示される。

 果実酒は放置しておけばいい。ビールや日本酒も、偶然、麦芽や麹が入ったのを人間が発見するというのは容易に想像できる。でも、大事な食べ物をあれだけ丁寧に噛んでから吐き出し、それを三日も放置しておいたら酒になっていたのを発見した……なんてシナリオは全く想像できない。

 一つ、可能性として考えられるのは、もともと神様か祖先の霊への儀式が先立っていたのではないかということだ。今でも食べ物はちゃんと調理してお供えする。かつては、調理だけでなく、人間が「噛んであげた」ということもあったのではないか。

 もう一歩進んで私見を述べると、「噛んであげる」対象は離乳期の幼子だろう。幼くして亡くなった子供への供物だったのではなかろうか。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください