「単独行者」/谷甲州

 単独行者(アラインゲンガー)新・加藤文太郎伝
 ◎
 新・加藤文太郎伝、とあるように、「単独行」の著者である山男の伝記。新田次郎の「孤高の人」とは別の解釈で描いたという(ただし、私は「孤高の人」を未読なので、今の段階で比較はできない)。
 加藤文太郎本人の著作「単独行」とは読み比べてみた。資料はほぼこれしかないのだという。
 この少ない情報から、よく生き生きとした人物像を描いたものだ、と、作家・谷甲州の力量に感嘆した。想像で補ったと思われる、主人公加藤の心の動き、苛立ちなど、実際にそうだったのではないかと思わされる。SF作家だと思ってたけど、幅広い。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください