月別アーカイブ: 2018年11月

「森の回廊」/吉田敏浩

 森の回廊―ビルマ辺境民族開放区の1300日
 ◎
 ビルマの少数民族ゲリラとともに、三年半にわたって森を巡った記録。
 従軍記者のような位置付けでありながら、戦闘の描写は少ない。しかし、著者が実際に巻き込まれた戦闘(というか、ビルマ国軍による一方的な爆撃)では、本気の危機一髪、危うく死ぬところという緊迫感。
 ともかく、文化・民俗・自然観察の描写が繊細、精緻で価値のある記録。
  続きを読む 「森の回廊」/吉田敏浩