「路地の子」/上原善広

 路地の子
 ◎
 このノンフィクション作家は好きだ。著者自身の父親の一代記。大阪の部落解放運動周辺の時代背景も含めて活写している。
 なんとなく、手塚治虫の未完の作品「どついたれ」を思い出した。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください