「猿神のロスト・シティ」/ダグラス・プレストン

 猿神のロスト・シティ―地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ
 ◎
 ホンジュラスの密林に眠る、未発見の都市遺跡を、リモートセンシング技術と実地踏査で存在証明する。
 上空からの探査で事前に存在を確認するため、現地での地上の冒険はそれほど多くを占めない。それでもジャングルの探検はスリリングで魅力的な物語だ(行く気はないが)。
 一般的な探検記であればクライマックスとなるその部分が、本書では全体の三分の二くらいで終わってしまう。そのあとは帰国したメンバーたちが現地で罹患した疾病など、あまり面白くなさそうな話題になるのだが、実はそこにこそ、この都市遺跡が滅んだ謎を解くカギがあるかもしれないという。意外性のある着眼。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください