「革命の侍」/マリー前村ウルタード、エクトル・ソラーレス前村

 革命の侍―チェ・ゲバラの下で戦った日系二世フレディ前村の生涯
 ◎
 映画「エルネスト」の原作であるフレディ前村の伝記。映画では映画らしい戦闘シーンやストーリーの起伏が乏しい気がしたので、原作はどうなのか読んでみた。
 書籍の方が、時代背景などの情報量が多くて、理解・共感を得やすい感じはあります。
 それはともかく、ゲバラのボリビア行軍の詳細がこれほど詳しく載っている書籍は他にないのではないか? 増補版 チェ・ゲバラ伝 (文春文庫)ではゲバラ日記の一人称視点だから、はぐれた後衛隊の顛末など載っていなかった気がする。ゲリラ行軍の悲惨さや、ゲバラの戦略ミスについても隠すところなく記されている。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください