「『坂本龍馬』の誕生」/知野文哉

 「坂本龍馬」の誕生: 船中八策と坂崎紫瀾
 ◎
 坂本龍馬の「虚像」部分がどのように形成されていったのか、の論考。特に、船中八策の成立過程に注目する。最初の伝記を著した坂崎紫瀾の思想背景がキーになる。
 というか、坂崎紫瀾という作家自体、なかなか面白い人物だな。こんな報道もあったところで、タイムリーな読書でした。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA