「漫画原作者・狩撫麻礼」/狩撫麻礼を偲ぶ会

 漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018 《そうだ、起ち上がれ!! GET UP . STAND UP!!》
 ◎
 「迷走王BORDER」ボーダー コミック 全6巻完結セット (アクションコミックス)の作者(画/たなか亜希夫)。ひじかた憂峰名義のネオ・ボーダーの続きを心待ちにしている間に、亡くなってしまった。
 ああいう作品を、あの続きを、もう読めないということが決定的になると、ものすごい寂しさを感じる。
 本書では編集者や漫画家による追悼文や思い出話から、狩撫麻礼の人となりが浮き彫りになってくる。いち読者としては、原作者の年齢や生活はうかがい知ることができないので、興味深く読んだ。
 カラオケでブルーハーツ熱唱、とか、若い頃劇画村塾(高橋留美子と同期だったとは…)にはバイクで来ていた、とか、さもありなん。
  続きを読む 「漫画原作者・狩撫麻礼」/狩撫麻礼を偲ぶ会

「頭に来てもアホとは戦うな!」/田村耕太郎

 頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法
 ○
 自分でコントロールできないことにはパワーを使わない。
 う〜ん、わかるけど。それを割り切って進めるかどうか、が時間の使い方や成功への早道なんだろうな。
 わかるかどうかと割り切れるかどうかは別の話。
 

「銃・病原菌・鉄」/ジャレド・ダイアモンド

 銃・病原菌・鉄 上巻
 銃・病原菌・鉄 下巻
 ◎
 二十年前のベストセラーを今頃読んだ。スリリングな論考。訳者あとがきが内容をよく表しているので引用する。

 (略)一万三千年前、最終氷河期が終わった時点では、人類は世界各地で似たり寄ったりの狩猟採集生活をしていた。(略)16世紀には、南アメリカ大陸のインカ帝国をユーラシア大陸からやってきたスペイン人が征服するまでになった。その直接の要因は、スペイン人が持ってきた「銃・病原菌・鉄」であった。(略)なぜ、インカの人びとは「銃・病原菌・鉄」を持っていなかったのか。(略)両者を分かつ究極の要因とは何であったのか。

 結論は、大陸の形状など、民族の居住環境の差異によるものであるという。
  続きを読む 「銃・病原菌・鉄」/ジャレド・ダイアモンド

「死に山」/ドニー・アイカー

 死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相
 ○
 「ディアトロフ峠事件」として知られている、ソ連時代のウラル山脈における遭難事件(初めて知ったけど…)の真相に迫るドキュメンタリー。
 ネタバレになるので詳しくは書かないが、「ある種の自然現象」が原因、との結論が提示される。しかし、その自然現象に対する耐性には個人差があるはずなのに、全員がそれで死亡した、というのは、最後の詰めに欠けるような気がする。
 とはいえ、その説以外には説得力のある結論はなさそうだ。
 語り口は平易で時系列も追いやすく、よくまとまっている。
 

「絶望の林業」/田中淳夫

 絶望の林業
 ◎
 日本の林業について、常識と思っていることが次々と覆される。

  • 国産の木材は他の建材より高い→原木の丸太一本はA材でも4000円程度、木材価格が建築価格を圧迫する度合いはかなり小さい
  • 皆伐をした後には苗木が植林される→3年程度で植林すれば補助金が出るがチェックはほぼない
  • 林業のために木材の輸出に必死→日本の木材は安いがゆえに輸出が伸びている。品質は関係ない。高い木材や製材品は買われない

 等々。
 

「謎のアジア納豆」/高野秀行

 謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―
 ◎
 タイ、ミャンマー、ブータン、ネパールなど、中国文化圏の周縁部では大豆を発酵させた「納豆」が日本同様に食されている。いや、日本以上に食されている、という。
 しかも、納豆を作り出す菌は、日本人の常識―「藁でなければできない」―ではなく、ほかの植物の葉でいくらでも作れるのだという。
 日本の風土においても、「アジア納豆」同様の作り方で、実際に納豆ができるらしい。じゃあ、工業化される前の、本来の日本の納豆はどう作っていたのか!? 興味は尽きない。
 

「究極の歩き方」/アシックス スポーツ工学研究所

 究極の歩き方 (講談社現代新書)
 ○
 足形や歩き方の科学的な分析。これが究極の方法論といえるかどうかは別として、なかなか興味深い。私はスクエア型だな。
 加齢とともに横アーチがつぶれて幅広になる、というのはまあ納得である。超長距離を走るようになってより幅広になったような気もするし。

50歳になった時点で、自分の足形や歩き方の変化について意識するかしないかで、その後の人生が大きく変わる

 アシックスは50歳を境界線に商品展開しているらしい。