「入門国境学」/岩下明裕

 入門 国境学 – 領土、主権、イデオロギー (中公新書)
 ◎
 著者はボーダー・スタディーズという新しい学問分野を開拓してきたのだという。国境学そのものとともに、著者の歩んできた足跡の紹介でもある。
 やや内容が詰め込みすぎの感じがしたが、幅広く扱う分野だから仕方ないという面もありそうだ。
 ボーダー・ツーリズムは参加してみたい旅の一つ。
 

「『ありえない』をブームにするつながりの仕事術」/佐谷恭

 「ありえない」をブームにするつながりの仕事術: 世界初パクチー料理専門店を連日満員にできた理由 (絶版新書)
 ◎
 著者サイン本を入手。
 コムラッズ、サハラマラソン、北極マラソンなど、超長距離を走ることから繋がった、世田谷・経堂の飲食店「パクチーハウス」のオーナーの自著(店舗はすでにない)。
 タイトルだけだと何だかありがち・怪しげなビジネス自己啓発本・ノウハウ本みたいだが、中身はそんなことはない。これから社会に出る人、出て数年くらいの人には強くお勧めしたい。もちろん、それ以降の年代でも、好奇心が強く心の柔軟な人には十分響くだろう。
 

「ウルトラマラソンマン」/ディーン・カーナゼス

 ウルトラマラソン マン
 ◎
 BORN TO RUN 走るために生まれた ―ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”では、商業主義的だとこき下ろされているウルトラランナーの自著。この本を読む限りは、チャリティで走っているし、そんなに商業主義の悪い人には思えない。
 いつか出てみたいWestern States の情景がわりと細かく描かれていて、参考になる。
 

「アルケミスト」/パウロ・コエーリョ

 アルケミスト (海外シリーズ)
 ◎
 小学校高学年くらいから大人まで楽しめる寓話。
 世界的ベストセラーだし、なんとなく噂では聞いていた本。知り合いが、何年か前に読んで人生が変わるきっかけとなった、ということらしいので読んでみた。
 いろいろな捉え方ができる良書だと思う一方、宝物のありかを得るクライマックスは何かヨーロッパの昔話に似たようなものがあった気がする。とはいえ、そこにたどり着くまでの紆余曲折は十分楽しめた。
 そして、いい歳してそこまで影響を受けることはないだろう、という事前の予想に反して、何か半生を振り返って考え込んでしまったのだった。